美髪と睡眠の関係

  • 投稿日:
  • by


まず髪のダメージの予防につながるのためには、 質の良い睡眠をとったほうが絶対にいいです。

technic.jpg 実は髪の毛が作られる根本である毛根部の細胞分裂が、活発になるのは午後9時ごろがピークです。

髪が最も成長するのは午後10時から午前2時ごろと言われています。

ということは、少なくとも12時前には寝床に入りたいのです。

よる遅く寝ると深い眠りであるノンレム睡眠が取りにくくなり成長ホルモンだけでなく睡眠に関係するメラトニンなどの大事なホルモンの分泌も悪くなります。

必要な睡眠時間は、たしかに個人差があって、遺伝的にごく短時間寝れば十分と言うショートスリーパーと呼ばれる人もいますが、多くの人はその睡眠時間では足りません。

一般的にはやはり6時間から8時間の睡眠が誰でも必要なのです。十分な睡眠をとることはストレスの軽減にもつながり、ストレスにも強くなります。

睡眠不足が長い間続くと、毛母細胞の細胞分裂が低下しやすくなったり、頭皮の血流が悪くなります。髪の成長にはマイナスしかありません。

ぐっすりとよく眠れて目覚めが良いと髪も健やかに育ちます。熟睡感をしっかり得られる質の良い睡眠をとる工夫をしましょう。

ヘナの白髪染めより簡単!自宅で白髪染めヘアカラー

  • 投稿日:
  • by


hena.pngヘナの白髪染めより手軽に自宅で白髪染めおが簡単にできるということで話題の煌髪(キラリ)白髪染めヘアカラーを実際に使って、1回でどのくらい染まるか検証しました。

やはりph値が8なので、1回目にしっかりと染めるというものではありませんでした。毎日白髪染めをして、ゆっくりとキューティクルの内部に浸透させて、染めあげていく白髪染めなんですね。⇒キラリ白髪染めヘアカラー

敏感肌やダメージ髪でも白髪染めできる!

  • 投稿日:
  • by


refine001.png肌が弱い人は、強い薬品で白髪染めができないから辛いですよね。でも、女性ならやはり白髪って隠したいもので、30代からのヘアケアの悩みからは「白髪」が髪の悩みの中ではダントツ一番です。

20代までは、さすがに白髪の悩みは少なく、「髪のパサツキ」や「髪のうねり」などですが、30代以降は、40代、50代、60代ともに第一位が「白髪」です。

敏感肌でも、アトピーでも薬品に弱くても、やはり、「白髪染め」が必要です。

また、外で働く女性にとっても、「白髪染め」は身だしなみの一つになっているので、白髪を染めずにいることが、「だらしない」や「不潔」なイメージにとらえられてしまうのが困ります。

美容院の白髪染めは、「ph値」が11から13です。アルカリ性が強く、美容院が使う薬品にもよりますが、11以上13未満という感じです。中性が「7」なので、これを目安にすると良いでしょう。

白髪染めヘアカラートリートメントでは、初めて購入する人にお得なLpLpヘアカラーがありますが、こちらはph値が8です。また、ラサーナ白髪染めヘアカラーがph値が8?9程度です。

現在、1回でしっかり染まる白髪染めトリートメントはこの二つが人気です⇒白髪染め人気

この白髪染めヘアカラーを試してみて、頭がヒリヒリしたり、肌の反応があったり、など、気になるダメージがあるようなら、少し下げて中性のレフィーネヘッドスパトリートメントか利尻ヘアカラートリートメントを選ぶとよいでしょう。

更に、ダメージがある人、や、特に髪に悩みがあり、髪がやせたり、抜け毛や薄毛などある場合は、ph値が6の「煌髪(キラリ)ヘアカラー」を選ぶと良いでしょう。

煌髪(キラリ)白髪染めでエイジングヘアケア

  • 投稿日:
  • by


kirari006.png初めて煌髪(キラリ)白髪染めを使用したときに感じたのが、今までとは全く違う髪の手触りです。

白髪染めヘアカラートリートメントは、昆布や植物の成分を使用したものが多く、染めた後は、髪がサラサラになったりするのが特徴ですが、時間がたつとそれは失われ、元々の髪は特にダメージ補修されている感覚がありませんでした。

しかし、この煌髪(キラリ)の白髪添めをした後、髪がつやつやして、とっても柔らかくなっていることに気が付き、ちょっと嬉しくなりました。

煌髪(キラリ)のシャンプーとトリートメントも合わせて使用したのがもっと良かったのでしょう。先日美容院に髪をカットしてもらいに行きましたが、その時に「以前よりも髪に艶がでてきましたね」と言われ驚きました。

煌髪(キラリ)白髪染めは、「ヘアケアキューブ」と0いって、ナノ技術でキューティクルを傷めずに浸透させることに成功!脱色をしないのに、髪内部に栄養と染料が染み込んでいく技術です。

この効果が高いので、最近髪がやせた、とか、枝毛や切れ毛が多くなったという人に、エイジングヘアケアができる素敵な白髪染めヘアケア商品なんですね。

煌髪(キラリ)ヘアカラートリートメント3つの特徴

  • 投稿日:
  • by


kirari05.jpg染めながらトリートメントではなく、しっかり養毛効果(ハリとコシ)

シャンプー前に10分染め習慣で徐々に染まる

手袋いらずで自宅で簡単に染まる!ヘアカラー

シャンプー前に乾いた髪の方が浸透効率が高いということが独自研究で判明。
染めた後にシャンプーをするので染料も自然と手から落ちるという利点もあります。

この3つのUSPを実現させているのが、"聖マリアンナ医大の研究チーム"が、独自開発した毛髪浸透成分「ヘアケアキューブ」。
天然染料と栄養成分をしっかり毛髪内部へ届ける役割を果たします。

 「ヘアケアキューブ」のここがすごい!

 →ナノ技術でキューティクルを傷めることなく浸透させる

 →毛髪内部へ染料を浸透させるので、着色効率と持続力が良い

 →栄養成分が頭皮や毛根経由ではなく髪の表面→内部→毛根(毛包)へ
  浸透するので確実に毛髪に有効成分が届きハリとコシを与える。

ほとんどの白髪染めヘアカラーは毛髪表面へ染料とトリートメント成分を塗布かキューティクルに、 絡める方法だけど、浸透を証明できる研究データの裏付けのある白髪染めヘアカラーはナノエッグの毛染めだけなんですね。

キラリ白髪染めヘアカラー体験をチェック